新型コロナウイルスにも有効の高血圧改善方法はこちら!高血圧を治せばコロナは怖くない!

重量鳶職人としての気持ちの持ち様・とび職のモチベーション維持

重量鳶職人としての気持ちの持ち様・とび職のモチベーション維持





皆さんこんにちは。

今日はちょっと重いかも。

 

家族の為に

この仕事、人によれば10年なんて

「ひよっこ」

っていう人もいます。

 

でも私事ですが、10年という二桁の期間の長い月日を、

重量鳶という仕事を我ながらよく続けられたな、

と最近つくづく思います。


あなたは、どうですか?


私は、家族の為に続けてこれたのだと思います。


雨の降る日も、

雪の降る日も、

炎天下の下でも頑張ってきました。


そこにあったのは、

自分の為でもなくお客さんの為でもなく、

ましてや会社なんかの為でもありません。(絶対にない!)


それは、
    愛する家族の為
です。

 

私の性格は協調性がなく

引きこもりがちな暗い人間で、

自分中心の人間です。

 

たぶんそんな感じです。

(女房によく、また自分の事しか考えてない!!!とよく怒られます。)

 

しかし、建築職人という仕事は、

コミュニケーションが必要仲間意識が大切です。

 

しかし、こんな私でも

頑張ってこれたのも家族

が存在したからだと思います。

 

絶対結婚して子供を作るべきです。

 

こんな私でさえ続けてこれたのも

家族の存在があったからです。

 

やる気・モチベーション

スーツを着ていた営業マンが飛び込んだ世界は、

これまで味わったことの無い世界でした。

 

しかし、この仕事しか今はできない

家族を養っていくにはこれをやるしかない

と自分を追い込みました。

 

そして、中途採用でしたから

会社の即戦力となるべく頑張りました。

 

入社当時、即戦力になりたいと話したところ

「ふんっ」って鼻で笑われました。

 

でも、

これは必要なモチベーションの一つです。

 

モチベーションは人それぞれだと思います。

 

私の様に家族の為と思って

仕事している人は多いのではないでしょうか。

 

しかし、これが、独身の私ならどうでしょう?

たぶん、即効で辞めていると思います。

 

こんなこと書いて読んでくれるかわかりませんが、

独身で何の目標もなく仕事に魅力を感じることもなく、

いやな先輩上司から怒られてばっかだと、そりゃやめる。

 

目標ってなんでしょう?

 

この仕事でいうと

職長(親方)になって

一つの現場を任されてやり遂げる

 

或いは

資格取得

とかでしょうか。(なんか少ないな)

 

若い人は、その目標が分からないのかもしれません。

 

それは、

大きな現場をこんな風にやり遂げたという成功経験や

ノウハウを先輩上司が教えないからなのです。

 

そしてそのためにはどういう資格が必要で

どんなスキルが必要かを教えないのです。

 

まだ早いとか、もうちょっと経験積んでからとか

よく言う人がいますが間違いです。

 

この仕事、忙しさに追われてだらだらと過ごして終わりです。

 

目標を与えることでモチベーションになります。

 

若い人は、口で言わなくてもいいんです。

 

いやな先輩よりも大きい現場を仕切って

こいつに一泡吹かせてやるでいいんです。

 

又、なんで怒られるか考えたことありますか?

 

怒っている立場の人間になってみてください。

 

このままだらだら働いていたら

同じいやな先輩になって終わりです。

 

総合的に、若い方たちは

何をモチベーションとして仕事進めていけばいいのか?

 

ズバリ!

自分の為

にやるしかありません。

 

簡単なことです。

 

資格を取るのも自分の為

先輩に一泡吹かせるのも自分の為

です。

 

自分の為に仕事を!

この世に生を受けて育ってきて、

独立した大人として生きていくためには、

自分の為に頑張るしかないんです。

 

自分の為に頑張るその姿に

未来に守っていくべき人間(女房)

が心打たれてると思います。

 

そして今度は、

その人の為に頑張れる自分になれるんです。

 

子供が出来れば、

子供達を守れる自分になれるんです。

 

くれぐれも言います。

 

決して、会社の為に仕事をしてはいけません。

 

会社と一心同体なんて最低です。(プー 放送禁止用語です)

 

自分自分といっても

周りに迷惑をかける自分ではいけません。

 

しかし、ある程度の配慮はしつつ、

自分を大切に頑張るしかないんです。

 

そしてスキルを磨くんです。

 

仕事にモチベーションを重く置くとこうなりますが、

好きな趣味をする為に仕事をするでもいいでしょう。

 

でも、趣味をモチベーションにするのにも

仕事あってのモチベーションです。

 

先輩上司達のすべきこと

我々先輩はどうすればいいのか、

成功失敗経験を教える

手取り足取りノウハウを伝授する

ことによって、楽しく仕事をしてもらう

 

楽しくは、笑いながらやる仕事という意味ではなく、

若い人個人が心の中で仕事にストレス無く

やっていける楽しさだと思います。

 

楽しくを勘違いして、

現場で冗談ばっかり言ったり、へらへらしながらやる

バカ(ピー)がいますが大間違いです。(口笛吹く奴もたまにいる)

 

若い人のことを真剣に考えて

伝承しなければいけないと思います。

 

若い人の立場に立つというのは

昔ながらの職人気質にはなじみない感じです。

 

しかし、そうしないと先輩上司たちは危ないです。

 

職人を作っていくには、

今は手取り足取りしかありません。

 

自慢ではだめです。

 

よく自分の過去の現場を話す奴はいるけど

結局自慢話

 

そうじゃなくて、若い人達は、そういう現場をやり遂げるにあたっての

段取りや苦労した部分とか、こうすればよかった

といったことが聞きたいんです。

 

爺の自慢話は聞きたくありません。

 

若い人にこの仕事楽しさを教えないと辞めます。

 

楽しさからモチベーションを作ってあげましょう。

 

今回はこの辺で終わりにします。

 

会社のグチが出てきそうなんで。

 

頑張って仕事しましょう!!!

 

あんたそりゃ違うだろという方コメントお待ちしています。

 

スポンサーリンク

【傷病手当金・失業保険・ 障害厚生年金受給マニュアル】不労所得で働かずに約1,000万円が手に入る可能性があります!大金をもらいながらゆっくり療養しましょう!(悪用厳禁!!)

 

会社について

会社ってなんでしょう?

当初会社に入った時、

厳密に言うと「鳶職人」になったということを

会社からは一言も言われませんでした。

なんで?

それを聞いて就職するやつはいない?

イヤイヤイヤ、そんな事無いでしょ。

辞めていった若い人に

「うちの仕事は鳶職人だよ」

って言ったことがあります。

普通に驚いていました。

 

会社が、

鳶職人という仕事の程度を決めつけてるんです。

 

会社が、

自分達の会社の程度をきめてるんです。

 

先が見えません。

そのままでは、なり手なんか来るわけありません。

新規に採用するための工夫もせず、

なり手がいないだの人が少ないだの言っても変わりなく、

現職の人間たちは年をとっていき、

何れは無くなってしまいます。

 

そこんとこが不安です。

 

高齢者急増の現場

しかし、現にドンドン人が少なくなって来ている状況、

高齢者が増えている状況

その高齢者は、仕事しないっていうか、仕事が出来ない(体が動かない)。

 

そして、最悪は仕事から逃げる!

 

どうなんでしょうか?

 

手本となるべき人間が

仕事から逃げる。

 

若い頃ト同じ力が発揮できませんが

頭があるじゃありませんか

経験とスキルという武器があるじゃありませんか?

 

なぜ、それを若い人に教えようと思わないのか?

 

自分のことばっかり考えて

何とか一日が終わればいいと

考えているだけ。

 

悲しくなりますね。

 

朝礼のラジオ体操は高齢者は全くしない。

 

だと思うんです。

そりゃあ高齢者になってまで

建設現場で働くのは大変なことです。

 

又、高齢者になり若い人と同じ動きできるはずありません。

 

でも、「だから」余計に、

簡単な体操をしっかりやって、

今日はここがイマイチだなって

自分で把握する必要があると思うのです。

 

だからジジイ!って言われるんです。

 

団塊の世代って聞いたこと有りますか?

私は団塊世代の人間が嫌いです。

 

戦後ベビーブームというのがあって、

その頃に生まれたのが、

今の現場にいる高齢者です。

(65歳以上)

 

嫌いな理由

・沢山の仲間がいるから、やってもやらなくても目立たない。

・根拠もないのに勝手に判断する。

・人に言われないと動かない。

・直ぐに休もうとする。

・自分で考えない。

・自慢話ばっかりする。

そんな人多くないですか?

 

他の記事でも書きましたが、

技能講習が日本の建設現場で必須事項となったのは、

その団塊世代の先輩たちが、

現場で事故を連発したこと

が元になったのだと考えます。(持論です)

 

その昔、土方という言葉が有り、

(今もあるけどあまり言わないですよね)

社会的に下層の人間がやるものと思われていました。

 

その方たちが今の

決まりごと建設社会

を作ったのです。

 

その方たちとは、

何を隠そう団塊世代の人たちです。

 

又、高度経済成長という時期がありました。

 

田中角栄という総理大臣が打ち出した日本再生の政策です。

 

この時大活躍したのが団塊世代です。

 

ただがむしゃらに仕事したのです。

 

安全なんか、そっちのけで

働けば働くだけ給料がもらえた時代です。

 

そして、事故が多発しました。

 

そして今、

その当時のことなどを自慢して話すのが

団塊の世代のジジイです。

 

な~んも役に立つ話ではありません。

 

昔は良かった?

違います。

 

あんた達がやりにくくしたんです。

 

人材確保に必要なのは

すみません、話が大きくそれてしまいました。

 

では、この少子高齢化の社会を

乗り切るためにどうすればいいのでしょう。

 

現場で使えない高齢者が増え続けます。

 

私もそのうち高齢者となってしまいます。

 

なんとかしないといけません。

 

新規採用に必要なものは何でしょう。

 

魅力ですよね。

 

この仕事をしたいと思う

やりがい

を何処かで見せないといけません。

広報が必要なんでしょうか?

 

それをやるのは誰?

 

少人数の会社でできるわけない。

 

中小零細の、そんな会社は五万とあります。

 

そんな会社を連合できないのかな?

 

連合、連携、協力していく必要ないでしょうか?

なーんて、いちヒラ社員が言うことではありませんでした。

 

この先、優秀な人材が

ひょんな事からこの世界に入ってくるかもしれません。

 

何かの変化が必要だと思います。

それに期待して今日は終わります。

 

スポンサーリンク

【傷病手当金・失業保険・ 障害厚生年金受給マニュアル】不労所得で働かずに約1,000万円が手に入る可能性があります!大金をもらいながらゆっくり療養しましょう!(悪用厳禁!!)

 

1日5分するだけで高血圧が改善できる驚きの方法とは?

CTA-IMAGE 高血圧に悩むあなたに朗報です。 1日5分あることをするだけです。 そうすれば、病院に通うことなく 降圧剤を飲むことなく あなた自身の力で高血圧を改善できます。

重量鳶オヤジの主張カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。