新型コロナウイルスにも有効の高血圧改善方法はこちら!高血圧を治せばコロナは怖くない!

安全について あなたの作業は安全ですか? 事故で怪我をしたらどうすればいい?

安全について あなたの作業は安全ですか? 事故で怪我をしたらどうすればいい?

安全について

お疲れ様です。

今日は、仕事をする上での安全について話したいと思います。

 

さて、重量鳶の必須資格といえば

玉掛け技能講習修了資格

です。

 

これが無いと仕事にならない資格です。

三種の神器の無形神器の一つです。

 

また、技能試験に行くと、クレーンについての知識を学びます。

でも、現場にてクレーンについての知識なさすぎなやつ多すぎです。

(技能研修の時寝ていたのがバレバレ)

 

しかし、あの程度の講習で寝る奴、何なんですかね?

 

自分の仕事に、この先生かせるし、それが給料に反映するとすれば、

普通真面目に聞くとも思うんですけど。

寝てるんですよねー。

 

高校生かって思いますね。

技能講習ってそんなにつまらないかな?

 

これまでにいろんな技能講習を受けてきましたが、

必ず寝ている奴いました。

 

たぶんそんな奴

「俺講習のほとんど寝てたけど、修了試験受かったよ」

「ちょろいちょろい」

とか武勇伝的に話しているんでしょうね。

 

そんで寝てても資格取得できるんです。

そして、そんな奴は、現場で使えないんではないでしょうか。

 

ドラッカーの言葉

ドラッカーという経済学者が

基本と原則に反する者は例外なく時を経ず破綻(はたん)する

と言っています。

 

まさにその表現は建設現場に当てはまると思います。

基本や守るべきことやらければ安全は語れないのです。

 

ただひたすらに、安全に、安全にばっかり言ってても、

それを実行する奴が講習などで寝ている奴らでは安全なんて守れません。

 

思うにもっと講習の修了試験を厳しくすべきと思います。

誰でも取得できる資格じゃ、安全なんてこの先実現しません。

 

この意見に反対の人いますか?

 

でも、なり手がいないんですよね。

誰もやらない仕事をする人たちが建設現場の人たちです。

しかし、それにはって、ものがあるんです今の世の中。

 

マーフィーの法則

マーフィーの法則って知ってますか?

マーフィというアメリカ人の言葉がいくつかあります。

 

「起こる可能性のあることは、いつか実際に起こる。」

「作業の手順が複数個あって、その内破局に至るものがあるなら、誰かがそれを実行する。」

「何事であれ失敗する可能性のあるものは、いずれ失敗する。」

等です。

 

でも、このような事、思い当たりますよね。

 

そこでこのような事を、

なるべく(なるべく)無くすために、

建設にかかわる日本人が考えたのが技能講習制度だと思います。

 

単純なことを守れないものは、自滅(破綻)する

んです。

事故を起こしてしまったらその後は?

事故を起こしてしまったらどうすればいいのでしょう?

 

私は、休業や現場がストップするような事故をしたことがありません。

休業するほどの怪我なんていやですよね。

 

周りも気を使言っちゃいます。

会社の同僚や取引先もそうですが、

一番は家族が心配しますよね。

 

怪我をして働けなくなった場合は

奥さんや子供、恋人、親が超心配します。

 

そうならないためにも、安全に気を使って作業しましょう。

 

また、事故を起こしてしまい、怪我をしてしまったら、

手続きはしっかりしましょう。

 

仕事のが出来ないショックはありますが、

家族等に対するケアも忘れずにするべきです。

 

そのためには、以下のリンクが活用できます。

参考まで。

 

スポンサーリンク

【傷病手当金・失業保険・ 障害厚生年金受給マニュアル】不労所得で働かずに約1,000万円が手に入る可能性があります!大金をもらいながらゆっくり療養しましょう!(悪用厳禁!!)

 

事故後の分析、どうすれば?

そして、どうすればいいのかについてです。

まずは、事故の原因を事細かに自分で分析することです。

 

そして、何が足りなかったのか?何をすればよかったのか?を

明らかにして、今後に生かさないといけません。

 

事故を起こしたことはありませんが、ヒヤリハット的なことはあります。

このヒヤリハットを今後の作業に生かさないと

必ず、事故は起きます。

 

気を付ける気を付けるや注意する注意するだけではだめですね、

具体的に考えないと事故につながります。

現場にはびこる高齢者リスク

仕事慣れしたお年寄りは、事故を起こすリスクがあります。

 

年を取って体が動かなくなり、力仕事を若い人に任せるのはいいことです。

それは必然であり、世代交代にはしょうがないことです。

しかし、現場には出てくるも、何にもしなくなるのは大違いです。

 

私の現場にもこんなお年寄りはいます。

下請けにいるお年寄りです。

 

あんた何しに来てるの?って感じで、

何にもしない、自分で考えません。

 

人に言われてはじめてやる。

待ちの仕事ばっかりです。

 

年寄りって何?

人手不足でしょうがないとはいえ、

体を動かせないんなら、頭動かせって話です。

 

その分、1人工のお金をその年寄りに払ってんです。

若い人とそんな年寄りと同じ金を払う意味がないと思いませんか?

 

それで、作業時にその年寄りがけがをしないようにこっちが気を遣うんです。

工事現場なんて、入るだけで事故のリスクがあります。

それでいて、体が動かない年寄りがいるだけでリスクが大きくなるんです。

 

朝礼時のラジオ体操から自分の体調を知り、

立入禁止を確認し、

その日の自分の作業を頭に入れるべきなんです。

 

私が使っている下請けの年寄りは、

このような事は、一つも意識してません。

いつも絶句します。

 

安全を考えたら、きりがないのですが、

年寄りは若い人には自分が経験したことを教えて、

手を出さないまでも、注意するべきところを口出せばいいのです。

 

聞く耳を持っていればいいのですが、

そんな年寄りには、厳しく接するべきです。

な~な~でやっていると事故につながります。

 

適材配置と言うべきことは言うというやり方が必要です。

 

まとめ

一回事故したり怪我したりしないとわからないって言っているバカな人もいますが、

とんでもないですね、事故したり怪我が一生を左右するほどのものだったらどうするんでしょう

 

周りは迷惑ですけど、

自然淘汰ってことでいいんではないでしょうか。

 

ちょっと過激に最後締めてしまいましたが、

安全を考えずにいいやいいやでやっていると破綻するってことです。

 

自分にも肝に銘じてこの先仕事したいと思います。

講習中寝るなよ!!!

ではまた。

 

スポンサーリンク

▼▼▼ TOOT(トゥート) – 男の攻める下着 ▼▼▼

1日5分するだけで高血圧が改善できる驚きの方法とは?

CTA-IMAGE 高血圧に悩むあなたに朗報です。 1日5分あることをするだけです。 そうすれば、病院に通うことなく 降圧剤を飲むことなく あなた自身の力で高血圧を改善できます。

重量鳶オヤジの主張カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。