新型コロナウイルスにも有効の高血圧改善方法はこちら!高血圧を治せばコロナは怖くない!

クレーン について

クレーン について




 

今日は、

重量鳶の仕事に欠かせない重機

クレーン

について話します。

 

種類

クレーンにも色々種類があります。

主にお世話になっているのは、

走行できるクレーンの

ラフタークレーン

と言われているクレーンです。

 

ラフタークレーンというのは、

作業できるそのままの姿で

公道を走れるクレーン

です。

 

逆に、公道を走られないのは、

100t以上

の吊り上げ荷重のクレーン

と思えばいいと思います。

 

そのようなクレーンは、

オールテレーンクレーン

といいます。

 

本体(車輪が着いている部分)は、

走ることは出来ますが、

旋回体(操縦席)

ブーム、カウンターウェイト(後ろの重り)

その他部品を

分解

して別納で公道を走って、

現場で組み立てるタイプです。

 

そのクレーンは、

全て組んで走行は出来ますが、

組んでしまうとボディサイズ(高さや重量)が

日本の公道を走るには

規格外となってしまうので

分解して現場まで行くんです。

 

メーカー

そんなクレーン車の種類がありますが、

国内で走っているクレーンは、

大きく捉えて

 

カトウ
タダノ
コベルコ

ですね。

 

又、最近は、

 

ドイツメーカーのリープヘル

 

アメリカメーカーのテレックス

 

がありますね。

 

優れものリープヘル

最近、通常ラフターではキツイ場合は

リープヘル 80t吊り

をお願いしています。

 

リープヘルのボディサイズ等は、

ブームの長さ50メートル(70tラフタークレーン 44メートル)

ジブ(マゴ)長さ16メートル(70t 14.8メートル)

全長約10メートルです。

 

更に、特徴があって

アウトリガの最大張り出し 6.3メートル

と国内クレーンの同クラスより1.4メートルも狭いのです。

 

日本メーカーのカトウ・タダノのラフタークレーンでは

 

ブーム最長 45メートル

アウトリガ 最大張り出し 7.6メートル

全長約13メートル

が最大サイズのクレーンです。

 

しかし、

80tはそれよりも吊り上げ性能がいいんです。

 

これだけのデーターだけでも、

リープヘルいいんじゃなかなと思わせます。

 

スポンサーリンク

 

国内メーカー

でも、最近、加藤製作所さんから

SL-850Rf

という80t吊ラフタークレーンが出ました。

 

タダノさんからは

GR-700N

が出てきています。

 

それぞれが特徴があって面白いんですが、

運転操作するのではなく、

物を吊って作業する立場からすると、

なーんかリープヘルよりは、

もう少しかなって感じです。

 

まあでも、リープヘルの全てが良いわけじゃないです。

 

各メーカーのいいとこ悪いとこありますね。

リープヘルとSL-850Rf比較してます。是非ご覧ください。

↑比較ページに飛びます↑

 

それについては次回書きます。

 

ではまた。

スポンサーリンク

1日5分するだけで高血圧が改善できる驚きの方法とは?

CTA-IMAGE 高血圧に悩むあなたに朗報です。 1日5分あることをするだけです。 そうすれば、病院に通うことなく 降圧剤を飲むことなく あなた自身の力で高血圧を改善できます。

重量鳶道具カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。