新型コロナウイルスにも有効の高血圧改善方法はこちら!高血圧を治せばコロナは怖くない!

通風と高血圧の関係 症状や原因解説 そして改善方法は? 

通風と高血圧の関係 症状や原因解説 そして改善方法は? 

あなたは、通風に悩まされていますね。
それとも、この症状は通風かな?
と気になってますね。

また、今現在高血圧予備軍の方、
高血圧になってしまっている方
の心配事でもありますよね。

この先、
通風も一緒に併発するのでは?
と気になっているのではありませんか。

そんなあなたに、
通風とはどんな病気か解説いたします。

そして、基本的な原因と
通風にならないための対処対策方法を
ご紹介しようと思います。

通風になれば、どうなるかご存知でしょうか。
昔から「風が吹いても痛くなる」
と言われている通風です。

何でも無い状況で、
体のある部分特に関節が
痛くて痛くてしょうがない状態に
なります。

通風は、体内に尿酸という
物質が溜まってしまい、
その尿酸を白血球が攻撃します。

それが原因で通風発作を起こす病気なのです。

その発作が痛みになっているのです。
よくあるのが、皮下に溜まるものです。
足の痛みがよく聞かれます。

そして今回注目すべきこととして
尿酸が溜まりやすい臓器についてです。
その臓器は、腎臓です。

そして、この腎臓という臓器は、
通風に限らず、高血圧とは切っても切れない
密接な関係のある臓器です。

そしてこの通風を放っておくと
心血管障害や、脳血管障害
を引き起こす原因にもなるものです。

生命を脅かす
合併症を引き起こす
割合も高い病気です。

ではこれから、この通風について解説していきます。
そして、高血圧との関係を解明し
改善するための方法をご紹介していきます。

通風の原因・メカニズム

通風原因物資

先ずは通風の原因物質です。
冒頭に少しお話ししました。

通風の痛みの根本的な原因は、
体内の血管中に尿酸という物質が
溜まることが原因です。

そして、血液に含まれる白血球が
尿酸を排除しようと
攻撃するためです。

では、そもそも尿酸とはなんでしょう。
尿酸は、プリン体に関係します。

プリン体というのは、
食材全般に含まれている
主に旨味の成分です。

このプリン体は、
人間の体内でも生成されたり
分解されたりしています。

飲料品の中に「プリン体ゼロ!」
と謳って販売しているものありますよね。
そのプリン体です。

 

こんな感じで売ってます(私のお気に入り😄)

 

そして、そのプリン体が
体内で分解される際に出来るのが
尿酸です。

いわば老廃物です。
美味しいものを食べるとできる老廃物です。

通風は贅沢病と言われていたこともあります。
美味しいものを毎日食べられる贅沢です。

その中でプリン体が、
特に多く含まれる食材があります。

いくつかあげてみると
レバー、干し椎茸、白子、一部の魚介類(イワシ、カツオ、エビ等)
があります。

そして、
忘れてはいけないのが
お酒です。

毎日多量に飲酒する方は注意が必要です。

メカニズム

それでは、
どうして通風を発症するか
メカニズムをについて。

健常者の体内に
尿酸が多く発生しても
通風にはなりません。

それは、尿酸が多く含まれている血液だとしても
腎臓でしっかり濾過されて
体外へ尿として排出されるからです。

ところが、
何らかの原因によって
尿酸濃度が増えます。

そして血液内の尿酸値が最大限に達します。
この「何らかの原因」については後で話します。

更に、尿酸が増え続けることで
限界を超えた尿酸が
体内に蓄積されていくのです。

血液に溶けなくなってしまった尿酸は、
ナトリウムと塩(えん)を作り出して結晶になります。
尿酸塩の状態になります。

その尿酸塩が関節に付着します。
そこへ冒頭にも話した白血球が防御反応を起こすのです。
白血球は、関節の内側に沈着した尿酸塩の結晶を攻撃します。

その攻撃している状態が「通風発作」と言われる症状です。

関節の他にも尿酸塩が溜まることもあります。
通風結節と言われる、皮膚の下にできるコブがあります。

これは発作を治療しないで
放っておいた場合の次の段階が多いです。

また、溜まりやすい臓器があります。
腎臓です。

腎臓の機能低下が引き起こす病気とは、
何があるでしょうか?

そうです。
高血圧です。

またその逆もあります。
高血圧
の方が合併症で通風を発症するパターンです。

その他、血液内の高尿酸状態が続けば
心血管・脳血管障害などの命に関わる合併症を引き起こします。

通風を引き起こす「何らかの原因」とは

前に話した通風発症の源
何らかの原因
とは何かについてです。

通風発症の原因

1、食生活

まずはこれです。
野菜をあまり摂取しない、肉中心の食生活や
魚でも尿酸値を上げてしまうものもあります。

野菜を中心とした
食生活を心がける必要があります。

そして、暴食による
肥満です。

動物性たんぱく質ばかり摂取し
あまり体を動かさない生活は
肥満になります。

肥満の方には通風が多いです。

肥満度が高いと
尿酸値に
正比例して
高くなります。

筋肉を作るのは
動物性たんぱく質が働きます。

しかし、摂取しても動かなければ、
その脂肪が体内に蓄積されるだけで
肥満になります。

また、皮下肥満だけでなく
内臓脂肪もたまりやすくなります。
これは、様々な合併症を引き起こします。

2、飲酒

お酒美味しいですよね。

でもその種類と量が問題です。
尿酸はプリン体が分解されるときにできる
老廃物と話しました。

その尿酸が通風を引き起こします。
そしてお酒には、
プリン体が多く含まれるものが多いのです。

プリン体が多いお酒を順に上げてみたいと思います。
上から多い順です。

1、地ビール

2、紹興酒

3、ビール

4、発泡酒

5、日本酒

6、ブランデー・ワイン

7、ウイスキー

8、焼酎25%

の順です。

そのほかのお酒については、
ご自分で調べてみてください。

一般的に
蒸留酒にはプリン体はあまり含まれず、
醸造酒の方が多いものです。

飲酒を見直そうと考えているならば
参考にしてください。

3、ストレス等

そして、
万病の元
ストレスです。

日々の生活において
現代人の悩みのタネですね。

誰しもが抱えるものです。
このストレスを発散することが
病気に対する対策といってもいいでしょう。

しかし、そのストレス発散方法にも
注意することがあります。

例えば、運動で発散しようと
過度にきつい運動を続けるとします。
しかし、そこに落とし穴があります。

激しい運動は一時的に尿酸値を上げてしまいます。
例えば、毎日10キロ走っていたのに
調子が良いから30キロ走る。

いきなり20キロも伸ばして走り
終わった時は達成感があるかもしれませんが
実は、体内では尿酸値が上昇している恐れがあります。

発汗などで体内の水分が
過度に排出されることで
尿酸値が上昇してしまうのです。

なんでも、急は良くありません。
趣味として定着してきたランニングを
長く続けるには、徐々にペースを上げていきましょう。

ストレスの発散方法としては
運動は最適です。
しかし、うまく発散させましょう。

4、既往症の影響

この項目が最も気をつけるところだと思います。
尿酸は、腎臓にたまりやすいと話しました。

では元々、
腎臓機能が低下していた場合は
どうなるでしょう。

通風になることで、
更に腎臓機能の働きが低下します。

腎臓の機能が阻害されて悪化すると
引き起こす合併症があります。

そうです。
高血圧
です。

また、この逆もあることを
忘れてはいけません。

高血圧をすでに発症したり
予備軍として兆候がある方は、
通風のリスクが高いのです。

そして、これらの病気は
サイレントキラー
の異名を持つ病気だということです。

つまり、自覚症状も少なく
症状が現れて初めて
気づく恐ろしい病気です。

そしてこれらの合併症を同時に発症し
腎機能不全に陥ってしまい
人工透析という機械に生かされる生活になってしまいます。

どうすれば良いのでしょうか?
今、これら高血圧を改善する方法がいくつかあります。
それらを活用しても良いと思います。

5、薬剤

前の既往症に関連しますが、
尿酸値を上げる原因として
治療中の病気の薬が引き起こす場合があります。

その薬は、病気で見ると
高血圧
喘息
結核
で使用される薬が挙げられます。

特に、高血圧に使用される薬についてです。
それは、血圧数値を下げる目的で使用される。
一般的に降圧剤と言われている薬です。

降圧剤には様々な種類があります。
その中で
利尿薬と言われている種類です。

腎臓にも関係するクスリです。

尿の排出を促して
血圧やむくみを解消する
目的がある薬です。

その利尿薬の名称は
サイアザイド系降圧利尿薬(フルイトランなど)
ループ利尿薬(ラシックスなど)
という薬です。

これらを使って血圧数値を下げているのですが
その反面、尿酸値を上げてしまっているのです。

前の項目で、
過度な運動による体内の水分不足
について話しました。

この薬を飲むことによって
体内の水分不足が引き起こされるのです。

血圧は下がるけど尿酸値が上がるなんて
こっちを立てればあっちが立たず
で困ってしまいますね。

これは、どちらかを
しっかり改善したり治すことを
真剣に考えなくてはいけません。

通風の合併症

通風になった後の合併症には
以下のものがあります。
発症確率の高い順です。

1位 高血圧

2位 肥満

3位 高中性脂肪

4位 高コレステロール血症

5位 尿路結石

恐ろしい病気ですね。

そして、そして
これら合併症が発症しておしまいではありません。
この合併症から更に更に合併症があります。

心疾患や脳疾患です。
もはや命に関わる病気です。

早いうちに何とかしないといけない
とおもいませんか?

通風と高血圧の関係

合併症で話した
通風と高血圧との関係性
について話したいと思います。

通風→高血圧

今現在、通風になると必ず高血圧になる
というものではありませんが、
約50%の方が高血圧を発症しています。

それは、
腎臓という臓器の関わりを
無視できないからです。

高血圧から通風になりやすいと言われているのは、
腎臓の機能不全から高血圧を発症するというものです。

腎臓は、血液をろ過して
余計な水分塩分老廃物を
ろ過する場所です。

この機能が低下することによって、
より多くの血液をろ過するべく
血流を多くしようとします。

そうです、
その状態が
高血圧なのです。

ですから、尿酸塩が溜まりやすいと言われる
腎臓の機能が低下してしまうと
高血圧になると考えられています。

高血圧→通風

このパターンも十分にあります。
それにはいくつかあります。
前に話した原因についての話を思い出してください。

そうです薬剤による尿酸値の上昇です。
高血圧治療で使われる降圧剤の影響です。

高血圧を改善しようと服用する薬が
別の病気を引き起こすなんて
本末転倒もいいところです。

また、
高血圧は腎臓へのダメージが大きい
病気です。

腎臓が悪くなることによって
通風になることは話してきました。

通風にまずかからないようにするには
ストレスを溜め込まない、適度な運動、野菜中心の食事、飲酒を控える
でしたね。

しかし、通風側が合併症となる
病気の高血圧を改善する方法はあるのでしょうか?

通風と高血圧を改善する方法

高血圧を改善する方法はあります。
通風合併症併発1位の
高血圧を改善する方法をご紹介します。

高血圧の方が通風にならないために
どう対策対処すればいいかを
ご紹介したいと思います。

その前に、予備知識です。
現代の医学事情について
話しておきたいと思います。

今現在日本国内の病院では
西洋医学の影響を
大きく受けています。

そして、
この現代西洋医学では、
高血圧を治す治療法は確立されていません。

また、通風の合併症に関しても
それぞれの合併症と通風の関係性は
解明されていないのが現状です。

そして、高血圧を改善する目的の療法や対策については、
次のように考えられます。

食事療法や運動、投薬において
その時の状態を維持もしくは抑えること
しかできていません。

そうです、現代西洋医学における
高血圧の治療方法は発見されていないのです。

でもまだ諦めないでください!

実は、
高血圧を簡単ラクに改善できる方法
があるんです。

その方法を開発した人がいます。

その方は、
自分自身が高血圧・糖尿病を患った
整体師先生です。

そしてなんと、
この二つの病気を
自ら考案したプログラムで改善した人です。

整体師先生ですから、
西洋医学でありません。
東洋医学です。

古来から伝わる
ツボなどを効果的に刺激したり
体内の内臓を活性化させる方法なのです。

実は、私もこの方法で
高血圧を改善しました。

これまで高血圧に悩み、合併症が来るのを悩み
塩分控えめな食事を作ってもらっていました。
家族には迷惑をかけていると思っていました。

しかし、どうでしょう
この先生のプログラムをやった途端に
その不安はなくなったのです。

今では、そんな不安など無かったように
普通の生活
を送っています。

普通の生活といっても
食べたいものを食べ、行きたいところに行き、仕事をしている
だけです。

しかし、今現在、
高血圧を抱えて悩んでいる方はわかると思います。

でも考えてください。
病気を抱えてしまった途端に
普通の生活はできません。

ですよね。
高血圧を患っているあなた。

あなたはそれでいいですか。
病気に立ち向かって闘おうともせず
病気に身を委ねますか?

あなたの体は、今病気と闘っているのです。
闘っていないのはあなたの心です。

心技一体という言葉があります。
体は闘っているけど気持ちが乗っていないとどうなりますか?
病気の勝ちです。

心も病気と闘う精神で、
身体も病気と闘う姿勢になり
心技一体とならないと病気には勝てません。

諦めない心が必要なんです。
高血圧だからといって諦めるのはやめましょう。
そう言っている今も身体は、高血圧を治そうと闘っています。

そして、
その方法と改善する根拠が
👇こちらで確認できます。

👉高血圧をラクに簡単に改善する方法を確認する。

また、この病気に気になる合併症がまだあります。
糖尿病です。

んっ?って思いましたか?
合併症項目の2位〜4位の合併症です。
肥満、高中性脂肪、高コレステロール血症です。

これらに関係する病気は何かご存知ですか?
高血圧が気になっているあなたらピンときたと思います。

そうなんです。
糖尿病
です。

この病気も厄介な病気であり。
普通の生活を奪う
病気です。

病気を治して
普通の生活
を取り戻しましょう。

👇簡単にそしてすぐに高血圧を改善治す方法はこちらです。
👇そして普通の生活を取り戻す方法です。

スポンサーリンク

1日5分するだけで高血圧が改善できる驚きの方法とは?

CTA-IMAGE 高血圧に悩むあなたに朗報です。 1日5分あることをするだけです。 そうすれば、病院に通うことなく 降圧剤を飲むことなく あなた自身の力で高血圧を改善できます。

高血圧改善対策コーナーカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。