新型コロナウイルスにも有効の高血圧改善方法はこちら!高血圧を治せばコロナは怖くない!

高血圧の方のおすすめ朝の起き方あります そして高血圧改善しましょう

高血圧の方のおすすめ朝の起き方あります そして高血圧改善しましょう

高血圧のあなたは、

「朝、のどは乾いていませんか?」

 

朝起きた時、

のどが渇いたなあと

思ったことはありませんか。

 

人間は睡眠中、

ペットボトル一本分くらいの

汗をかくとも言われています。

 

ペットボトル一杯って

結構な量ですよね。

 

そんな量の水を

そのままベッドにこぼしたら

大騒ぎです。

 

でも、睡眠中の数時間の間に

それだけの汗をかいてしまっているんです。

 

しかも、当然、

眠っている間は

水分補給ができません。

 

つまり、朝、起き抜けの体は、

水分が失われて

脱水している状態。

 

脱水症状ってよく無い響きですよね。

高血圧に脱水症状ってダブルの不安要素です。

 

そこで今日は、

高血圧の方のおすすめの

朝の起き方について語ります。

 

水分不足が招くドロドロ血液

1年の中では、夏場は暑さ、

冬は部屋が乾燥しているため、

水分不足に陥ってしまいます。

 

体内の水分が不足してしまうと

血液は、粘度が高く、

濃くなってしまいます。

 

いわゆる

ドロドロ血液です。

 

高血圧の方には

特に注意するキツイ状況です。

 

濃いドロドロ血液が、

高血圧によってボロボロで細くなった血管の中を

高い圧力で急激に駆け巡らされる……

 

何が起こるかは

想像に難くありませんよね。

 

朝に脳梗塞や脳卒中の

発生が多いわけです。

 

高血圧の方が朝の起きがけには注意が必要なのです。

っていうか、高血圧を改善すればいいのですが・・・。

 

おすすめの起き方 ①

「朝一番にやることは?」

あなたは毎朝、目が覚めたら、

いちばんに何をなさいますか。

 

まず、布団やベッドから

起き上がりますよね。

 

でも、血圧や糖尿病が気になる方は

起き上がる前に心掛けていただきたい

習慣があるのです。

 

それは、

「手足ゆらゆら体操」

 

人は寝ている時、

ほとんど動きません。

 

多少、寝返りなどを

うつことはあっても

長時間、同じ姿勢を続けています。

 

一つの

姿勢を長く続けていると、

血流が滞ってしまいます。

 

しかも、横に寝転んでいるときは、

立っているときよりも

重力の影響が少ないので、血圧は低い状態です。

 

身体の各部、もちろん

脳にも低い血圧で

血液が送られています。

 

就寝中は血流が緩やかになっています。

高血圧によって受けた

血管へのダメージを修復しています。

 

しかし、突然立ち上がって動き出すと

高い位置に上がった脳に慌てて血液を

送らなければならなくなります。

 

高血圧の人にとって、

決していい状態ではありません。

これは非常にキケンです。

 

そこで、手足ゆらゆら体操です。

① 朝目が覚めたら、すぐには起き上がらない。

 

② 布団の中で横になったまま、手足を軽く上に挙げて、

 2~3分ほどユラユラと動かす。

 

③ 末端から徐々に身体を慣らしていくことで

 血管や脳へのリスクを減らします。

 

軽いとはいえ運動ですので、

直後は、一時的に

血圧が上がることもあります。

 

でも、

急激に血圧を上昇させるよりは

はるかに安全です。

 

長期的には

血圧降下に良い影響を及ぼします。

 

おすすめの起き方 ②

次におすすめなのが、

「朝、コップ1杯の白湯を飲む」

ことです。

 

たったこれだけ。

珈琲でも紅茶でもなく、

ミルクでもありません。

 

一度沸騰させた水

「白湯(さゆ)」

を飲むようにしてください。

 

できれば、夏場でも。

 

50度~60度程度の

温かさの白湯がいいです。

 

内臓を温めて、

免疫をアップし、

代謝も高めてくれるからです。

 

なんと、内臓の温度が

1度上昇すると、およそ30パーセントもの

免疫力アップができると言われています。

 

また、白湯を飲むことは、

インドの伝統医学アーユルヴェーダや、

東洋医学などでも良いと考えられている方法です。

 

高血圧の改善だけでなく、

デトックスやカロリーの燃焼、

便通の改善にも役立ちます。

 

起床時に喉が渇くのは危険?

起床時に喉が乾く理由をいくつか挙げました。

そして、その対策や乾いたときの対処を話しましたが

実は根本的に危険な要素があります。

 

あなたは、

睡眠時無呼吸症候群(SAS)

ってご存知ですか?

 

多分一度は耳にしたことがあると思います。

寝ている間一時的に呼吸が止まる病気です。

 

この原因は、

太りすぎ等様々な原因が考えられますが

👉SASについて詳しくは、こちらをどうぞ。

 

喉が乾くのは、

口呼吸で寝ていることから

そう考えられるのです。

 

そして、このSASは

高血圧治療薬の降圧剤によって

高確率に発症する合併症でもあるのです。

 

この事実を注意してください。

降圧剤をのんでいる方は

もしかしたらと思ってください。

 

ご自分の体の調子を細かく観察し、

その症状がなんなのかを識別する必要があります。

 

この認識を放っておくと

SASや高血圧が悪化し

さらに脳や血管へのダメージが早まります。

 

ご注意ください。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

ぜひ、朝一杯の白湯と

手足ゆらゆら体操を

習慣にしてみてください。

 

また、朝喉が渇くというのは

ある病気の兆候であることも

話しました。

 

では、高血圧を改善してください。

簡単な改善方法をおすすめしています。

 

人間の営みの中で

睡眠は特に大事です。

 

しかし、その大事なものが

起き上がる際のトラブルや寝ているときに病気が進行するなど

健全な生活など送れません。

 

それはすべて、あなたが抱える問題

高血圧が根源にあります。

 

普通に寝て起きるだけで

面倒なことになるって

おかしくないですか?

 

それでは、その高血圧を改善しましょう。

 

今日話した東洋医学的な

手足ゆらゆら体操や白湯を飲むなどの

方法を知ることができるものがあります。

 

そしてその方法は簡単どこでもできる

1日5分するだけで高血圧が改善できてしまう

画期的な方法です。

 

この方法で高血圧を改善した方が

続出しています。

 

その方法は、こちらの記事からどうぞ。

👉簡単に高血圧を改善する方法を確認する

 

1日5分するだけで高血圧が改善できる驚きの方法とは?

CTA-IMAGE 高血圧に悩むあなたに朗報です。 1日5分あることをするだけです。 そうすれば、病院に通うことなく 降圧剤を飲むことなく あなた自身の力で高血圧を改善できます。

高血圧改善対策コーナーカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。