新型コロナウイルスにも有効の高血圧改善方法はこちら!高血圧を治せばコロナは怖くない!

高血圧の症状で頭痛は危険なサイン?兆候?今すぐ対策するため病院に行くべき?それとも様子見?

高血圧の症状で頭痛は危険なサイン?兆候?今すぐ対策するため病院に行くべき?それとも様子見?

今回は、高血圧の症状でよく言われている

頭痛

についてです。

 

あなたはこの記事を読んでいるとすれば

頭痛に悩まされているのですね。

 

では、その頭痛は何が原因なのか分かりたいですよね。

 

そして、もしあなたが高血圧でその上、頭痛が頻繁に起こる状況であれば、

病院での診療をまずは考えてください。

 

また、現在は高血圧症と診断もされていない方は

頭痛は高血圧のサイン?高血圧発症の危険な兆候であるのか?

知りたいところを語ります。

 

そして、高血圧であるならば、

どう対処するのがおすすめかを

お話ししたいと思います。

 

高血圧はサイレントキラー

まず、あなたにお伝えすべきことがあります。

 

高血圧には、症状がありません。

 

全くないわけではありませんが、目立った症状が無いのです。

この症状は、「高血圧の症状である」と言い切れないのが高血圧なのです。

 

そんなことから高血圧は

サイレントキラー

と呼ばれています。

 

 

そして、高血圧が発覚した時には、別の合併症とともに発覚しているパターンが多いのです。

発覚後は、高血圧治療は二の次になって投薬で血圧数値を下げるだけ

合併症の治療がメインとなります。

 

高血圧発覚のパターンを知っておくことが、未来のあなたの生活が大きく変わってきます。

 

高血圧発覚のパターン

パターン1:健康診断

頭痛に悩んでいるあなたを前にして言うのは、不適切かもしれませんが、

この健康診断発覚パターンは、高血圧発覚で最も”いい”パターンであると思います。

 

なぜ、良いパターンなのかというと、前に話したように

高血圧には目立った症状が無いからなのです。

 

症状が無いわけですから、自覚症状もなく本人は健康であると思っています。

生活習慣を変えるわけでもなく、現代人の不摂生を続けています。

 

しかし、健康診断で

高血圧予備軍、高血症の兆候がある

と自覚することができて、高血圧に早期に対処対策できるのです。

 

余談ですが、毎年1回は、労基法により健康診断をすべきと決められていることはご存知ですよね。

あなたがお勤めでしたら、必ず会社から健康診断を受けさせられるはずです。

 

もし受けさせられていなかったら、即刻その会社を辞めてください。

ちょっと違う話になりますが、会社は労基法違反つまり法律違反をしているブラック企業です。

 

話を戻します。

健康診断時には、血圧測定の項目があり計測しているはずです。

そこで、高血圧と診断されて発覚するパターンが高血圧治療や改善にはベストなパターンです。

 

発覚次第に対策が取れるからです。

 

パターン2:合併症から発覚する高血圧

このパターンはよくありません。

先ほども話した通り、サイレントキラーと言われる高血圧です。

症状も特段なく進行します。

 

そして高血圧を起因とした、

命に関わる病を発症するのです。

 

そうなった時には、高血圧は投薬で抑えるだけになります。

そうです、抑えるだけで高血圧は治らないんです。

 

そして、合併症をメインとした治療になるパターンです。

 

高血圧の治療はしないのです。

合併症がメインの治療です。

 

高血圧症状?の頭痛

これまでお話ししてきたとおり

高血圧にはこれといった症状はないのが特徴です。

 

そして発覚のパターンを語りました。

そして、そのパターンのうち合併症とともに発覚するパターンがよくないことを話しました。

 

頭痛と高血圧は危険です。

パターンで言うと合併症から発覚するパターンの可能性大です。

 

頭痛のメカニズムは、

脳内の血管が拡張して神経を刺激して

頭痛が起きます。

 

その要因は、

ストレスや肩こり、寝不足

とよく言われています。

 

もし、高血圧と頭痛が合わせて表面化してきているならば、

気をつけなければいけない時期に来ています。

 

実は、脳内を流れる血流は、厳重に制御されているため、

そう簡単に変化を起こさないようになっています。

 

それでも、頭痛が起こるということは、

体の制御システムに異常をきたしている証拠であり

脳内の血流が何かしらの異常を訴えている体のサインです。

 

先ほど話した、肩こりや寝不足、ストレスなどに該当しないのに突然の頭痛は注意です。

このサインを見逃すことは、重篤な脳障害を見逃すことになるかもしれません。

 

脳疾患のうち高血圧が原因によって引き起こされる疾患のメカニズムは以下の通りです。

 

高血圧になることから、血管に傷がつきやすくなったりします。

それによって、脳内に血腫ができやすくなります。

いわゆる脳動脈瘤というコブです。

 

頭痛はその兆候を知らせるサインを発します。

しかし、これを放っておくと、脳出血を起こす可能性が高いのです。

くも膜下出血がその合併症です。

 

また他には、高血圧になることで、

血流の悪化による動脈硬化がおこり、

脳内の血管の異常が発生します。

 

そのサインが頭痛です。

 

この時すでに、合併症の脳疾患を引き起こしています。

その結果、脳疾患治療中心となってしまいます。

 

高血圧は、薬で抑えましょうということで、降圧剤を勧められます。

そして薬漬けの生活が始まるのです。

 

高血圧は下げる必要はない!?

という説を唱える医師や医療関係者がいます。

 

それぞれの方がおっしゃっているのは、

高血圧になるということは、体の血流を多くして血管内の”血栓”を押し流そうとしている自然の摂理である。

というのが大まかな主張です。

 

確かに、そう言えると思います。

別の記事でも書きましたが、血圧は下げるべきでないという記事を書きました。

👉高血圧を下げる必要はない!?記事へ

 

その内容は、降圧剤をメインとする薬についての話になります。

高血圧学会が決める高血圧基準値が、

ここ何年かの間に急速に低く設定されている事実をあなたはご存知でしょうか?

 

低く設定するとどうなるかわかりますか。

そうです、高血圧患者が増えることになるのです。

 

そして、その低くなった高血圧基準値によって患者が増え、

高血圧を治すことの知らない多くの日本の医師は、

降圧剤を処方することしか知らないわけです。

 

そして、降圧剤をはじめとする、

血圧降下関係薬の売上があがることになります。

 

降圧剤に関しては、高血圧を下げるメカニズムは解明されていないのをご存知でしょうか?

もともと、別な目的で開発された薬が、使っているうちに血圧数値を下げる”効能?”があることがわかり

現在では、血圧下げるメインの薬となっています。

 

今でも、降圧剤がなぜ血圧を下げるのか解明されていないといいます。

驚きではありませんか、そんな薬を飲むことに抵抗はありませんか?

 

そして、さらにその降圧剤が原因として

脳梗塞

が多くなっていると主張する医師もいることをご存知でしょうか。

 

前の項目の冒頭でお話ししたことが関係します。

「高血圧になるということは、体の血流を多くして血管内の”血栓”を押し流そうとしている自然の摂理」

ということです。

 

感のいいあなたなら、お分かりだと思います。

そうです、降圧剤で血圧数値を下げることは

血流が少なくなり緩やかにしてしまうことです。

 

その意味は、血栓を押し流すだけの血流がなくなるという事なのです。

その結果、脳梗塞になってしまうのです。

 

なんだか妙に納得してしまうのは私だけでしょうか?

あなたはどう思いますか?

 

私は、高血圧について調べるうちに

様々な事実を知ることになりました。

 

しかし、高血圧という病気は、

今の現代においても

発症する原因や症状すら解明されていないのです。

 

そして、今の医学では、解明されていない病気を

薬でただ単に抑える事しかしていないのです。

 

高血圧にならないため、なった時どうすればいいのか?

そのためには、普段からの不摂生を少なくするべきです。

また、ストレスを解消する方法を見つけ、穏やかな気持ちでいられるよう心がける。

そして適度な有酸素運動。

 

そうはいっても、働き盛りのあなたの悩みはこんなところでしょうか?

仕事のストレスを抱えてしまう

美味しいと思ったものは、つい食べすぎてしまう

お酒をつい飲みすぎてしまう

仕事が忙しくて体を動かす時間がない

という方が多いのではないでしょうか?

 

最近皇居の周りでの仕事が多いです。

走ってますよね「皇居ラン」してますよね。

いいことですね、羨ましいい限りです。

 

時間に余裕がある方達は羨ましいです。

そして、そんな方達はしっかり自分の生活を自己管理しています。

 

しかし、どうしてもそのように時間の余裕もなく

違うストレス発散が身についている方が多いことも事実です。

 

お酒や、食べまくる、愚痴を言いまくる

といった感じでのストレス解消です。

 

そんな方の高血圧対策は、

今すぐ皇居ランしてください!

なんて言いません。

 

しかし、少しだけの時間を使って

高血圧の予防や改善ができます。

簡単に改善する方法があります。

 

そのやり方をして高血圧を改善すれば

 

美味しいものを食べ

お酒も飲めます(飲み過ぎ注意)

愚痴も言えます(笑)

 

その方法は、こちらを是非確認してください。

 

ではお大事に。

 

1日5分するだけで高血圧が改善できる驚きの方法とは?

CTA-IMAGE 高血圧に悩むあなたに朗報です。 1日5分あることをするだけです。 そうすれば、病院に通うことなく 降圧剤を飲むことなく あなた自身の力で高血圧を改善できます。

高血圧改善対策コーナーカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。